金の専門店で買取を頼もう!

金の硬度を知る

金の硬度を知る 金のモース硬度は2.5から3程度しかないため、同じ元素鉱物のダイヤモンドと比べる場合には、圧倒的に柔らかい性質を持っています。
硬度が低い割には比重が重たいために、薄く伸ばして様々な形に変えることができます。
アクセサリーとして使われる一方で、金属部品の一部としても多用されるのも、加工しやすい特性を活かしているためです。
金には眩いばかりの光沢があり、他の元素と結合して化学変化を起こしにくいため、サビにも強くなります。
硬度が低くても安定した組成になっていることから、古代の昔に使われていたアクセサリー類については、現在になっても輝きが失われることがありません。
柔軟な構造に加えて、永遠の輝きを持っているわけですから、時代ごとに多くの権力者を魅了してきました。
極限まで薄くなる特性を活かして、日本では金箔に加工する技術も生まれ、料理の彩りとして使われています。
あるいは、日本の伝統工芸品の装飾として使われることも多いですので、需要は現在でも衰えることがありません。

金を売るなら専門店へ

金を売るなら専門店へ 金を売ることができる場所は、質屋や買取店などさまざまなお店があります。
しかし、できるだけ高く売るなら、専門店に売りましょう。
質屋や買取店だと高く売れない理由は、純度を測る専用の機器を持っていないからです。
そのため、査定価格が低くなりがちで、場合によっては買取不可になることもあります。
それに対して専門店は、金の純度を測る機器を常備しています。
しっかりと比重や純度を確かめて買取してくれるので、質屋や買取店より高くなるのです。
また、質屋や買取店のなかには、再販ルートを持っていない場合があります。
再販ルートを持っていないお店は、最終的に専門店に転売することになります。
つまり、最初から専門店で金を売ることによって、本来なら店舗が受け取る利益を自分のものにできるのです。
ですから、金を売るときは質屋や買取店は利用せず、専門店を利用するのがポイントです。
ポイントに気をつけて売るようにすれば、それだけで査定価格は高くなります。

新着情報

◎2017/10/24

安定した需要
の情報を更新しました。

◎2017/8/24

価格相場の調べ方
の情報を更新しました。

◎2017/6/19

石付きの金の買取は?
の情報を更新しました。

◎2017/3/1

金とプラチナの価格傾向
の情報を更新しました。

「金 硬度」
に関連するツイート
Twitter